バイオジェンの治験薬でアルツハイマー認知症を遅らせる

私の祖母はアルツハイマー認知症でした。
しっかり者で綺麗好き、なんでもキチンとしていなければ気がすまなかった祖母が
ある時から家中が散らかりがちになり
あんなに上手だった料理ができなくなり......
家族が気付いたときには、かなり進んでしまっていました。
家族で必死の介護しても、病状はどんどん進み家族の顔もわからなくなりました。
最後には自分で排泄もコントロールできなくなってしまったので
専門の施設で見てもらうことになりました。
最期の時、家族はほっとしたことを覚えています。
あれだけキッチリした人だから、本人が一番辛かったと思うのです。

アルツハイマー認知症は通常の病気とは異なります。
治療をすれば良くなるというものではないからです。
しかしバイオジェン・アイデックは3月20日、フランスで開催している学会で
アルツハイマーの進行を遅らせる臨床結果が出たと報告をしました。

166人の小規模臨床試験の結果から
今後は1000人規模の臨床試験が行われるそうです。
認知症の進行を食い止めることができれば
老後のQOLは著しく改善します。
肉体だけは元気なまま、脳の認知機能が失われると悲惨です。
それは患者本人だけではなく身の回りの家族への負担も大きいです。
少しでも早く効果的な方法が見つかるといいですね。