治験コーディネータが苦労すること

治験コーディネータは治験をスムーズに進めるために調整する仕事です。
治験の全体を把握し、治験に関わる人たちの間に立って調整していくため
情報収集や情報提供などコミュニケーション能力が強く求められます。
治験参加者、医師、看護師、検査技師、製薬会社の関係者など
様々な人がかかわってくる中での調整というのは非常に苦労するようです。

板挟み状態になることもあるので、そういった面でも調整役というのは苦労します。
また、治験を進めるためには色んな書類を作成しなければなりません。
症例など医学的知識が必要な部分は医師が作成しますが、そうでない部分は
基本的に治験コーディネータが作成したり、作成補助をします。
患者への対応、医師への対応を行った後で書類の作成に追われることになります。
まさに陰で治験を支えている屋台骨という言葉がぴったりなのが、治験コーディネータです。

いわば中間管理職とでも言い換えると分かりやすいかもしれませんが、
中間管理職ではやらないような書類作成なども行うことになるので、それ以上に大変な職種とも言えます。
治験コーディネータは元々看護師だった人が転職するケースが多いようですが、
看護師時代に求められているスキルが、そのまま活かせないという問題もあるようです。
つまり医療にかかわる仕事であり、患者との対話もあるが看護師のような立場とは
全く違っているとなります。
治験コーディネータがいなければ、治験は成立させることが出来ませんので
薬の開発を行うためには欠かせない存在となりますが、逆にそのことが
仕事の難易度を高めているとも言えるでしょう。