薬の開発費用ってどれくらいかかるか知ってる?

新薬の開発は10年以上とも言われるほど長い年月がかかりますが、
時間がかかるということはそれだけ莫大な開発費用になることを意味しています。
平均すると200億円ものお金が新薬開発に使われているのです。
これは新薬として開発承認された場合の金額ですから、殆どは途中で開発が
終了してしまうわけで、その分についても開発費用は掛かっているのです。

開発費用が莫大になるのは、開発に時間がかかっているだけではありません。
新薬開発の候補となる物質は、自然界に存在するものだけはなく多くは
化合物として作り出されていると言われています。
それら候補物質を作るお金も開発費用として計上されているのです。

新薬の候補となる物質を見つけても、それが最終的に新薬として認められるかどうか
それは候補の段階では判断することができません。
基礎研究、非臨床試験、臨床試験、承認審査を経て初めて新薬となりますが、
その過程すべてで開発費用が必要になります。

医学の進歩は目覚ましいものがあると言われていますが、新薬というのは
そう簡単に生み出すことはできないのです。
そして仮に新薬として承認された場合、開発にかかった費用は最終的に薬価に反映され
それを負担するのは患者なのです。

一部のガンに対する特効薬として認められたオブシーボなどは、薬価が高いとして
議論を巻き起こしましたが、それだけ開発費用が掛かっているからであり、
何も効果が高いから製薬会社が価格を吊り上げているわけではないのです。

カテゴリ