インフルエンザに感染しても発症しない人は何が違う?

インフルエンザに感染し発症してしまうと、高熱が出て学校や仕事を休まなければなりません。
関節に痛みが出たり、酷い咳で体力を消耗してしまうことになります。
でもインフルエンザに感染しても発症しない人も中に入るようです、いったい何が違うんでしょうか。

一番は免疫力の違いです。
インフルエンザウィルスは市販の風邪薬では撃退することができません。
睡眠不足や疲れによって免疫力が低下していると、体内のインフルエンザウィルスを
撃退できずに増えてしまい発症してしまいます。
免疫力が高ければ、ちょっとした感染症でも水際で防ぐことができるので
高熱を出すような発症に至ることはありません。

インフルエンザに関して免疫を付ける最も効果的な方法は予防接種を受けることで、
症状を軽減させることに繋がったり発症せずに済むケースもあります。
注意したいのは予防接種を受けていたら発症しないわけではないことです。

そして規則正しい生活とバランスのとれた食事を心がけることが、日ごろから
免疫力を高め維持することに役立ちます。
ちなみに人の免疫の80%は小腸に集中しているといわれているため、
腸内環境を整えることが免疫を高めるポイントとなります。

善玉菌を増やす為に、乳酸菌を含むヨーグルトを毎日食べることを習慣化したり
納豆などのネバネバした食品を積極的に食事に取り入れることも、免疫力を
高める要素となるので特に冬場は意識して食べるようにすれば、簡単にインフルエンザを
発症しないような免疫力を獲得できると言えるでしょう。

カテゴリ