がんの免疫療法って詐欺なの?

がんを治療する方法は様々ありますが、本来持っている免疫力を高めて
がん細胞を死滅さようという考えの元に行われる治療もあります。
そういった特性を活かした抗がん剤も開発されており、実際に効果を上げています。

ただ、医学的な根拠がないのに免疫力が高まるという謳い文句の元で、
がんの免疫療法を行っているケースも中にはあります。
気の流れをよくして免疫力を高める、だとかプラセンタを使って免疫力を高めるとか、
高濃度の酸素カプセルに入るなども免疫療法として行われています。

これらは実際に効果があったかどうかを示す根拠もありませんし、
医学的にそれが実証されいているわけでもありません。
個人が本来の西洋医学的治療を行いながら、併用して行っていくケースもあります。
相乗効果が発揮されることもあるかもしれませんが、確実な事は言えません。

問題はこれらの治療が保険適用外であることです。
医学的に認められていませんから、保険適用外となるため高額となるわけですが
それが詐欺の温床になりかねないという指摘があります。

つまり言い値で行われている現状があり、藁をもつかむがん患者にとっては
どんな高いお金を払っても治療したいと言う人がいるわけです。
そういった患者さんの治したいという気持ちを逆手に取っているとも言えます。
効果が出るかどうかはやってみないと分からない、というのが多くの免疫療法です。
医学的に確率された免疫療法とは違うということを理解しなければいけません。

カテゴリ